「利益を生み出す経理」 「専門用語を使用しないわかりやすいご提案」 「お客様の立場にたった企画立案」 で経営者の皆様をサポートさせていただきます。

柏市の桑原浩税理士事務所

〒277-0086 千葉県柏市永楽台2-4-14

営業時間

月〜土 9:00〜17:00
休日対応可能 (要予約)

お気軽にお問い合わせください

04-7128-7538

トップページ

当事務所の経営理念

気軽に相談していただける身近な税理士を目指します!

「税理士=固い、とっつきにくい」 というイメージがあるかもしれません。また、税理士を「先生」 と呼ぶことが未だにあるようです。

当事務所では、税理士は先生業ではなく 「サービス業」 と考えています。困ったとき、わからないことがあるときに、気軽に相談していただける身近な税理士を目指します!

お客様の立場にたってサービスを提供します!

お客様のご事情・お考えをよく聞き、税法や経理にお客様の思いを反映してお届けします。

はじめに税法ありきで「税法がこうだからこうしてください」という仕事はしません。一番大切なものは、お客様の思いです。お客様の立場にたって、最適・最善のサービスを提供します!お客様満足度100%を目指します!

若さを活かしてスピーディーに対応します!

ビジネスにおけるスピードの重要性は増すばかりです。お問い合わせ・ご依頼にスピーディーに対応することが、お客様の事業の発展につながることと考えます。

また、相続などのご相談の場合には、早めに不安を解消することが大切です。気持ちのゆとりが生活を豊かなものにすると思います。

税法・経理をわかりやすくお伝えします!

専門用語を使用せず、わかりやすい言葉で税法や経理をお伝えします。また、税法や経理が他の法律より難しく感じるのは、数字が絡むからだと思います。数字を嫌いな方にとっては本当にやっかいです。

説明の際に、数字を使用しなかったり、簡単な数字に置き換えることで、わかりやすくお伝えしています。

お客様とともに成長し地域社会に貢献します!

お客様とお互いに刺激し合い、成長できる関係でありたいと願っています。皆様のビジネスや生活が豊かになることが、それぞれの地域の経済や社会の発展につながるものと信じています。

私は千葉県松戸市で生まれ育ち、関東地区南部にはたくさんの思い出があります。また、これらの地域の方々に育てていただきました。微力ながら、税理士として、その恩返しをさせていただきたいです。宜しくお願いいたします!

このようなことでお悩みではありませんか?
  • 経理を会社経営に活かしていきたいがよくわからない
  • 節税したいが方法がわからない
  • 経理を簡単に効率よくしたい
  • 起業するが経理や税務をよく知らない、税理士を探している
  • 全く経理をしていない、領収書が溜まっている
  • 現在の顧問税理士に不満がある、報酬が明確でない

当事務所にぜひお問い合わせください!

お客様の会社・ご自宅などご希望の場所にお伺いします。(お問い合わせ・ご相談は無料です)
まず、現状をお知らせください。お客様にとって最適・最善な対応策を考え、ご提案させていただきます。

「利益を生み出す経理」 「専門用語を使用しないわかりやすいご提案」 「お客様の立場にたった企画立案」 で経営者の皆様をサポートさせていただきます。

お問い合わせはこちら

利益を生み出す経理その1
「経費削減」 で利益を生み出します!

「経費削減していますか?」 と聞いてみると、ほとんどの経営者の方は「している」と答えられます。
実際に、バブル崩壊からリーマンショック後の現在に至るまでの厳しい経済環境の中で、中小企業は経営発展のために大変な努力をされ、経費削減についても会社全体で取り組まれていることと思います。
逆に経費削減化をしていない会社は、これからの時代に生き残っていけません。ここで今一度、経費削減について考えてみましょう。

一般的には、経費削減は次のように行われています。
まず、経費を 「必要なもの」 と 「いらないもの」 に2分類し、「必要なもの」 については特に検討せず、「いらないもの」 については購入(契約)しない、既に購入(契約)済みのものは維持費・解約費用等を考慮し問題なければ廃棄(解約)します。これが一般的なノウハウです。

ところで当事務所では経費削減を次のようにすすめています。

まず経費を3分類します。

  1. 本当に必要なもの
  2. あると便利だが無くても売上・業務等に支障のないもの
  3. いらないもの

そして3分類した経費についてそれぞれ検討します。
(1) と (3) に関する対策は一般的な考え方と変わりありません。違うのは「 (2) あると便利だが無くても売上・業務等に支障のないもの」です。これが経費削減で最も重要で検討が難しいところです。あると便利だなと思い、ついつい購入(契約)してしまうことが結構あります。

しかし、いざ使用してみると大して効果がないものがあります。購入(契約)時にどのくらい売上アップ・業務の効率化等につながるか検討しなかった、したけれど予測がはずれてしまったということはあります。この反省は次に生かすとして、とりあえず購入(契約)してしまったものについて検討しましょう。

(2) を削減する場合の検討ポイントは、

  • 売上アップにつながるか否か
  • 業務の効率化につながるか否か
  • 従業員の仕事への士気が高まるか否か
  • 廃棄(解約)費用、手間など

になります。

検討してやはり続行ということもあると思います。逆にすぐ削減に向かうものもあるでしょう。また続行か削減か迷うケースもでてくると思います。そのときは削減してみるのもひとつの手です。無くなってみると「 (1) 本当に必要なもの」か「 (3) いらないもの」だったのかわかります。一般的に「 (2) あると便利だが無くても売上・業務等に支障のないもの」は「あってもなくてもいいもの」→「 (3) いらないもの」へと流れていくことが多いようです。

以上のように「 (2) あると便利だが無くても売上・業務等に支障のないもの」を検討し削減することでかなりの経費削減効果が期待できます。この経費削減を行うためには、日々の経理をきちんとし、経費を把握・分類することが重要になります。それが経費削減の第一歩です。そのために経理があるのです。当事務所ではこの経費削減のための経理をサポートしています。そして経費削減に成功し利益を生み出すお手伝いをいたします。

利益を生み出す経理その2
「計画的な節税」 で利益を生み出します!

「節税」 はお客様が税理士に対して最も期待することであり、また興味があるところです。ほとんどの経営者の方は「税金は高い、少しでも支払う税金を減らしたい」と思っていることでしょう。どのようにして納税額を減らし、いかにお金を会社内部に留保するかお考えと思います。

「計画的な節税」 について触れる前に、節税の失敗例を揚げておきます。

A社(3月決算)は、毎年100万円前後の利益で約40万円の税金を納付していました。業績が安定し約10年も変化がなかったため、経営者も税理士も中期事業計画を立てておらず、日々の経理も毎月の業績把握も次第にいい加減になっていきました。本来、節税のためだけに経理をするわけではないのですが、たまにこのような会社をみることがあります。

A社は当期上半期も例年通りの業績でしたが、下半期に入り新商品の販売を開始し、売上が急激に伸び、決算間近の2月になって利益が500万円でていることに気づきました。税理士は新商品の販売について経営者から聞いてなく、当期も例年と変わらないだろうと思っていたからビックリしました。経営者もこんなに利益がでるとは思っておらず節税についても全く考えていませんでした。そこで慌てて節税対策(利益を縮小)するために3月に400万円の支出をし、その結果当期の利益もほぼ例年並みの100万円となり納税額も40万円となりました。

ここで話が終われば問題なしですが、A社は400万円も支出したため4月以降の資金繰りが大変苦しくなりました。税金の支払は5月にあり40万円の支払いも厳しくなってしまいました。また、節税対策で購入したものも大して必要なものでなく無駄遣いになってしまいました。慌てて節税対策をしたためこの様なことになってしまったわけです。これなら節税対策などせず、500万円の利益で200万円の税金を払った方がよかったのではとさえ思ってしまいます。素直に税金を支払っても300万円が会社に残るわけですから。

ここでA社と顧問税理士の失敗を整理します。

  1. 中期事業計画を立てていない
    通常2、3年後まで計画を立てます。それを基に節税対策をするべきでした。
  2. 前期の決算終了時に当期の事業計画を立てていない
    当期の事業計画と (1) の中期事業計画書の当期分を比較・検証し、上方修正または下方修正なら節税対策を練り直すべきでした。
  3. 日々の経理をおろそかにし、毎月の業績把握をしていなかった
    毎月の業績を把握し (2) の当期事業計画の通りなら節税対策を続行し、上方修正または下方修正なら再度節税計画を立て直すべきでした。
  4. 新商品の販売について経営者と税理士が相談する機会がなく習慣もなかった
    (1) ~ (3) を行わないと、相談する機会が減りその習慣がなくなります。それが一番怖いです。
  5. 決算間近になって無駄遣いするなら、素直に税金を払うほうがいいときもある
    むしろその方が会社にお金が残ります。内部留保が高まります。

A社の失敗を踏まえ「計画的な節税」について説明します。

当事務所が考える「計画的な節税」とは

  • 計画を立て
  • 計画を実行しながら
  • 常に業績を把握し
  • 計画と業績を比較・検証し
  • 新たな計画を立て
  • それを経営者と顧問税理士が共有する

ということです。

具体的には、

  1. 2,3年分の中期事業計画を立て、それを基に節税対策を考える
  2. 前期の決算終了時に当期の事業計画を立てる
    前期決算と (1) の中期事業計画を比較・検証し、当期の事業計画を立て、(1) の中期事業計画書(当期分)より上方修正または下方修正があれば節税対策を再度練り直します。
  3. 日々の経理をきちんとやり、毎月の業績を把握する
    月々の業績と (2) の当期事業計画を比較・検証し、上方修正または下方修正なら節税対策を再度見直します。また、日々の経理は毎月・毎年の業績把握のための大切な作業です。日々の経理が「計画的な節税」を行うための第一歩となります。
  4. 経営者と顧問税理士が報告・連絡・相談しやすい関係を構築する

ということです。

経営者の皆様「計画的な節税」出来ていますか?
上記のように「計画的な節税」が貴社で出来ているまたは顧問税理士にアドバイスされていれば問題ありません。出来ていない会社は悲観することはありません。これから「計画的な節税」をしていけばよいのです。もう無駄な税金を払うのは止めましょう。

そして「計画的な節税」のすべてを貴社で行う必要はありません。そのために税理士がいるのです。当事務所では「計画的な節税」をご提案し、会社の内部留保を高めるお手伝いをいたします。内部留保の充実が経営基盤の強化や新たな設備投資・人材の育成等につながり更なる利益を生み出します。

利益を生み出す経理その3
「本業に専念できる」 ことで利益を生み出します!

お忙しい経営者の皆様は「もっと仕事をする時間がほしい」「少し休む時間がほしい」 など時間に関するお悩みが多いと思います。本業の業務に加え、従業員の管理や教育・取引先とのお付き合い・各種の行事への参加・経理や総務などの事務的なことなど小規模企業の経営者の仕事は多岐にわたります。時間がいくらあっても足りないという方もいらっしゃるでしょう。

この中で税理士事務所としてご協力できるものは経理に関する部分です。「もっと本業に専念できる時間があれば売上が増えるのに・・・」 「休みをとって心身共にリフレッシュして明日からの仕事に励みたい」 という経営者のために、当事務所ではすべてのお客様に 「経理の簡素化・効率化」 をご提案しています。

経理社員がいる大企業・中堅企業とは違い、小規模企業の経営者・従業員で経理の知識・経験がある人はあまりいないため、どうしても時間がかかってしまいます。そして時間がかかるものは後回しになってしまいがちです。経理が後回しになると業績把握・節税対策・融資などに影響が出てしまいます。

ではなぜ、時間がかかるのでしょうか?
1つ目の理由は 「経理は難しそう」 だからです。「難しそう」 → 「面倒くさい・嫌い」 → 「嫌いなものは時間がかかる」 となってしまうケースが多いようです。嫌いなことって時間がかかりますよね?
2つ目は 「何からやったらいいかわからない・経理業務のマニュアルがない」 からです。効率よく作業できず時間ばかりかかってしまうのです。

当事務所では上記を踏まえて「経理の簡素化・効率化」をご提案しております。

経理を簡素化します
「簡単」 → 「好きになるまたは嫌いではない」 → 「時間がかからない」 となります。
わかりやすく・丁寧に・何度でもフォローいたします。
法律上、業務上必要な帳簿のみ作成し、不必要な帳簿は作りません。

経理をマニュアル化します
業態に大きな変化がなければ、毎日・毎月・毎年行う経理作業は同じことを繰り返すだけになります。マニュアルがあれば悩まず作業できます。効率アップで時間を短縮できます。

経営者の方々が本業に専念できる時間を増やすことが会社の利益を生み出します。
また、従業員の方が経理をされている場合にも経理の時間の短縮により、本業やその他の業務に多くの時間を使っていただけるようになります。当事務所では、「経理の簡素化・効率化」 により、お客様が本業に専念できる環境をつくります。時間の余裕、気持ちのゆとりが事業の更なる発展につながります。

業務対応エリア

千葉県の主な業務対応エリア松戸市、柏市、流山市、我孫子市、野田市、鎌ヶ谷市、市川市、浦安市、船橋市、習志野市、千葉市、白井市、八千代市、印西市
東京都の主な業務対応エリア葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、
新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区
埼玉県の主な業務対応エリア三郷市、吉川市、八潮市、草加市、越谷市、川口市、
さいたま市、春日部市
神奈川県の主な業務対応エリア川崎市、横浜市
茨城県の主な業務対応エリア取手市、守谷市、龍ヶ崎市、牛久市、土浦市

その他の地域の方もお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

ご相談・お問い合わせは無料です

お電話でのお問い合わせはこちら

04-7128-7538

営業時間:月〜土 9:00〜17:00
休日対応可能です (要予約)

※お客様の秘密は税理士の守秘義務に基づき厳守いたします。
※脱税志向の方につきましては相談・契約をご遠慮させていただいております。

事務所紹介

桑原浩税理士事務所

04-7128-7538

〒277-0086
千葉県柏市永楽台
2-4-14

<業務エリア>
千葉、東京、埼玉、神奈川、茨城南部

事務所紹介はこちら

お問い合わせフォーム